今売れてます!テーブルに置いたとき先端が付かないクレーバートング|アイデアノート|飲食店用品・印刷通販のatta

アイデアノート

アイテム紹介

今売れてます!テーブルに置いたとき先端が付かないクレーバートング

2019/03/20



クレーバートングが今売れてます!



クレーバートングが今、売れてます。
入荷の知らせをするたびに即完売してしまう人気トング。
先日行った焼肉屋さんでも使われていました。

今回は、人気のクレーバートングのご紹介をいたします。





クレーバートングの特徴


■特徴1:自立して便利!




クレーバートングの特徴は、通常のトングと違い
トング単体で自立するので、テーブルに先端部がつかないところです。
衛生的で安心ですね。
料理の最中など、意外と置き場所に困るトングの
痒いところに手が届く商品です。



■特徴2:先端部が薄く、細かい作業も得意




クレーバートングのポイントのひとつに、先端部の薄さがあります。
トングの先端が薄くなっているため、お肉や生ハムなどが取りやすく
サラダやお料理の盛り付けにも大変便利です。
ステンレス製なので、お手入れがしやすいのも嬉しいポイントです。



■特徴3:握りやすく、先端に力をこめやすい




鉄板にこびりついたお肉などは、
剥がすのが難しかったりしますよね。

その点、こちらのトングはまるで菜箸のように細かい作業も得意とし
さらにトング自体が握りやすく、力をこめやすい形状になっているため
鉄板のお肉を剥がす作業なども、とても楽にこなせると思います。




まさにクレーバーなトングです。




お店で使い易かったから、と
マイトングとしてご自宅用にご注文いただくこともございます。




■サイズは全部で3タイプ




クレーバートングのサイズ展開は全部で3タイプあります。
トングの大きさは
・エコノミータイプ(240mm)
・小タイプ(267mm)
・大タイプ(315mm)


中でも一番人気はダントツでエコノミータイプ(240mm)です!
有難いことに100本、200本まとめてご注文されるお客様も多くいらっしゃいます。





3タイプのトングの違いは、トング自体の大きさですが
エコノミータイプのみカーブの箇所の形状が異なります。

大きさが、大・小タイプに比べコンパクトな作りなので
握りやすく広げやすい最適な形状として、変化が付いています。





3サイズを並べてみるとこのような感じ。
大まかなデザインの変化はありません。




持ち心地もよく、軽い力で先端を挟み込むことができます。
スタッフの主観ですが、大タイプよりも小さいタイプの方が
より軽い力で挟み込める気がします。






いかがでしたか?
クレーバートングは人気アイテムのため
ご注文はお早めに!
ぜひお試しください。













>トング・菜箸一覧へ